横浜の自宅を修繕工事しました

築35年はさずがに経年劣化を感じる

私が住んでいる横浜の自宅は事務所兼住居なので、一部は完全に仕事場として使っています。
築年数35年を超えたので、色々な場所にトラブルが起きるようになりました。
元々は住居専用で、事務所部分は増築したので事務所部分は比較的新しいです。
しかし、自宅として使っている部分は経年劣化を感じることが多いです。
まずはクローゼットですが、昔のデザインで使い勝手も悪いのでウォーキングクローゼットに変更していくつもりです。
子どもが生まれて家族も増えたので、今の収納スペースではやや物足りないという意見も多いです。
クローゼットは家族の強い要望があるので、最優先で取り組むポイントになっています。

自宅、大規模修繕工事してて、WFH環境として控えめに言って地獄である

— Yamotty | 矢本真丈 (10X) (@yamotty3) June 9, 2020

築35年はさずがに経年劣化を感じるせっかく集修繕するので、トレーニングルームも完備したい自宅も事務所も環境が整い快適です